ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
  • 環境省 廃棄物・リサイクル対策
  • 国立環境研究所
  • 国立環境研究所 災害廃棄物情報プラットフォーム
  • 内閣府 防災情報のページ
  • 内閣官房 国土強靱化推進室
  • 国土交通省における南海トラフ巨大地震・首都直下地震対策
  • 農林水産省 災害関連情報
  • 復興庁
文字サイズ:

平成27年度の災害廃棄物対策の検討体制・主な検討事項

平成27年 大規模災害発生時における災害廃棄物対策検討会

設置の目的

大規模な災害は、その被災地域が一都道府県内では留まらず、また隣接する都道府県間のみでは必要な対応が行えない等により、通常災害とは次元の異なる対応が必要となる。このため、国、都道府県、市町村、民間事業者等の各主体が平時から備えておくべき大規模災害特有の事項を整理し、被災しなかった地域や平時には廃棄物処理に従事しない事業者も含めて一丸となって対策を行っていくことが重要である。

環境省では、平成25年度以降、「巨大地震発生時における災害廃棄物検討委員会」を開催し、平成25年度に中間的にとりまとめた「巨大災害発生時における災害廃棄物対策のグランドデザインについて」を踏まえて、大規模な災害発生時における災害廃棄物対策の具体化に向けた検討を行ってきた。平成26年度には、制度的な担保が必要なものを中心に「巨大災害発生時の災害廃棄物処理に係る対策スキームについて(制度的な側面からの論点整理を踏まえた基本的考え方)」をまとめ、その成果を踏まえた「廃棄物の処理及び清掃に関する法律及び災害対策基本法の一部を改正する法律案」(平成27年3月24日閣議決定)を国会に提出した。

今年度はこれらの成果に基づき、大規模災害発生時における災害廃棄物対策行動指針やその実現に向けた対策のあり方等について検討することを目的として、「大規模災害発生時における災害廃棄物対策検討会」を開催する。

検討事項

  • 大規模災害発生時における災害廃棄物対策行動指針案
  • 災害廃棄物について、廃棄物処理法に基づく廃棄物処理基本方針に盛り込む事項
  • 災害廃棄物処理支援ネットワーク(D.Waste-Net)のあり方、その実現方策等
  • 災害時の廃棄物処理を見据えた地域間協調のあり方
  • その他災害廃棄物処理システムや技術等に関する事項

ページの先頭へ

サイトのご利用案内ここまでです。