ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
  • 環境省 廃棄物・リサイクル対策
  • 環境省 災害廃棄物対策フォトチャンネル~大規模災害時の災害廃棄物対策の記録~
  • 国立環境研究所
  • 災害廃棄物に関する研修ガイドブック
  • 国立環境研究所 災害廃棄物情報プラットフォーム
  • 内閣府 防災情報のページ
  • 内閣官房 国土強靱化推進室
  • 国土交通省における南海トラフ巨大地震・首都直下地震対策
  • 農林水産省 災害関連情報
  • 復興庁
文字サイズ:
  1. 災害廃棄物対策情報サイト トップ
  2. D.Waste-Net
  3. 令和5年度災害廃棄物対策推進シンポジウム

令和5年度災害廃棄物対策推進シンポジウム

令和5年度災害廃棄物対策推進シンポジウム

【延期後開催】令和5年度災害廃棄物対策推進シンポジウムの開催について

 環境省では、令和6年5月15日(水)に、令和6年能登半島地震の対応により開催を延期しておりました「令和5年度災害廃棄物対策推進シンポジウム」を東京都千代田区の一橋大学一橋講堂で開催します。
本シンポジウムでは、「大規模地震に備える~関東大震災から100年を迎えて~」をテーマに「関東大震災100年・巨大災害に備えるフェイズフリー防災と4R」と題した基調講演や災害廃棄物対策に関する講演、パネルディスカッションを予定しています。
対面とオンライン併用のハイブリッド形式により開催し、環境省災害廃棄物対策情報配信チャンネルでYouTubeライブを予定しています。
▼シンポジウムチラシはこちら

1.背景

 1923年(大正12年)9月に発生した関東大震災から100年が経過し、次なる大規模地震に対する関心が高まっています。中でも南海トラフ地震や首都直下地震の発生確率が30年以内に70%程度と予測されており、切迫した問題として認識されています。さらに、令和6年1月1日には、石川県能登地方を震源とするマグ二チュード(M)7.6、最大震度7の能登半島地震が発生し、甚大な被害をもたらしました。
 災害発生時に、公衆衛生の悪化を軽減させ生活環境を保全するとともに、速やかな復旧・復興を実現するためには、災害対応に取り組まれる各方面の関係者が連携協力し、迅速に災害廃棄物対策を実施することが重要になります。
 そのため、南海トラフ地震や首都直下地震等に向けたそれぞれの役割や連携の在り方、各種取組を紹介し、パネルディスカッション等を通じて災害廃棄物対策について理解を深めていただくことを目的に本シンポジウムを開催します。

2.日時

令和6年5月15日(水)13:00~16:50

3.開催場所

一橋大学一橋講堂
〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内

4.開催方法

 会場で御参加いただく対面方式とオンライン方式を組み合わせたハイブリッド型での開催を予定しております。会場での参加を御希望の場合は「6.参加の申込方法」を御確認ください。オンラインでの参加を御希望の場合は、YouTube配信チャンネル(https://youtube.com/live/n8bqTXoORms)にアクセスしてください。

5.プログラム(予定)

1)開会挨拶(13:00~13:05)

  • 環境省

2)基調講演(13:05~13:35)

  • 東京都立大学 名誉教授 中林 一樹
    「関東大震災100年・巨大災害に備えるフェイズフリー防災と4R」

3)講演(13:35~13:55)

  • 環境省 環境再生・資源循環局災害廃棄物対策室長 松﨑 裕司
    「環境省における災害廃棄物対策の最近の取組状況について」

4)講演(13:55~14:20)

  • 東京都環境局 資源循環推進部 資源循環計画担当課長 荒井 和誠
    「首都直下地震等の大規模災害に備えた災害廃棄物対策」

【休憩 14:20~14:30】

5)講演(14:30~14:55)

  • 横浜市資源循環局 政策調整部 政策調整課担当課長 鈴木 信
    「災害廃棄物対策~関東大震災の経験から考える~」

6)講演(14:55~15:20)

  • 和歌山県環境生活部環境政策局循環型社会推進課 地域環境推進班長 山本 雄之
    「和歌山県の災害廃棄物対策について~巨大地震の発生に向けた対策~」

7)講演(15:20~15:45)

  • 環境省 関東地方環境事務所 資源循環課長 村井 辰太朗
    「関東地方環境事務所における災害廃棄物対策の取組について」

【休憩 15:45~15:50】

8)パネルディスカッション(15:50~16:45)

  • 「大規模地震に備える~関東大震災から100年を迎えて~」
ファシリテーター 東京都立大学 名誉教授 中林 一樹
パネリスト 東京都環境局資源循環推進部資源循環計画担当課長 荒井 和誠
横浜市資源循環局政策調整部政策調整課担当課長 鈴木 信
環境省環境再生・資源循環局災害廃棄物対策室 参事官補佐 鳥居ほのか
高知県林業振興・環境部環境対策課 チーフ
(計画推進・一般廃棄物担当)
横山 厚史
東京都市大学環境学部環境経営システム学科 准教授 森  朋子

9)閉会挨拶(16:45~16:50)

  • 環境省 環境再生・資源循環局 災害廃棄物対策室長 松﨑 裕司

6.参加の申込方法(会場での参加を御希望の方のみ申し込みが必要です)

 参加は無料ですが、事前のお申し込みが必要です。参加を御希望される場合は、参加申込フォームに必要事項を御記入の上、お申し込みください。応募者多数の場合は先着順となります。

申込期限:令和6年5月13日(月)12:00(正午まで)
※参加申込フォーム
https://forms.gle/sfGNU6xA3tJ1LxNT8

※問い合わせ先
災害廃棄物対策推進シンポジウム運営事務局(株式会社オーエムシー内)担当:朱雀、内野、瀧田

電話番号:03-6810-1071 メールアドレス:haikitaisaku@omc.co.jp

7.取材について

 取材ついては、下記のメールアドレス宛に必要事項を記載の上、お申し込みください。
 件名は【災害廃棄物対策推進シンポジウム取材申込】として、社名、媒体名、担当名、連絡先(電話番号・メールアドレス)を御記入の上、お申込みください。
 申込期限:令和6年5月13日(月)12:00(正午まで)
 取材申込メール送付先:haikitaisaku@omc.co.jp

ページの先頭へ

サイトのご利用案内ここまでです。